赤ちゃんの虫歯の原因

赤ちゃんの虫歯、妊婦の虫歯

プロフィール

プロフィール

ただ今工事中です!

現在サイト構築中につき、未完成ですが、虫歯に関する情報をお届けしていきますのでまた是非お立ち寄りください。

お気に入りに登録

初めての育児をされる方は、分からないことだらけで悩んでしまうことも多いですね

あなた自身が育児ノイローゼになる前に しっかりと学んで見ませんか?

・鎌田流☆ラクちん子育て法

・発達障害児の子育てプログラム

・親子で幸せを掴む育児方法

子育て

Sponsored Link

赤ちゃんの虫歯の原因

matu027_s.jpg

赤ちゃんの虫歯の原因は、主に両親や、おじいちゃん、おばあちゃんなどの、近親者が赤ちゃんに虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)を感染させることにあります。

もしも、二歳から三歳まで(十二歳までという説も)の間に、周りの人が虫歯菌を感染させなければ、一生虫歯にならないで済むという説もあるあることをご存知ですか?。

ただし、これはとっても難しい問題なので、あまり神経質になりすぎると、お母さんが疲れてしまうかもしれません。

普段注意する点としては、まず、赤ちゃんの唇に唾液をつけるキスは厳禁です。大人の口で咀嚼した食べ物を赤ちゃんに食べされるのもダメ。
箸やスプーン、コップなども勿論NGです。

かわいい赤ちゃんの手を大人が口に含んで唾液をつけ、その手を赤ちゃんが口に含んだら即アウトです。

虫歯菌を保菌する人が話していて、赤ちゃんの唇や口の中に唾液が飛んでしまってもレッドカード・・・。

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないことが、どれだけ困難かおわかりいただけたと思います。

大人の唾液から赤ちゃんに虫歯が感染するということを、知らない人も多いですし、おじいちゃんやおばあちゃんなどは、やめてほしいと懇願しても、聞いてくれなかったり、見ていないところで感染するような行為をしてしまいます。

なるべく虫歯菌に感染させないように心がける程度にして、歯が生えてきたら虫歯にならないように、気をつけてあげた方が確実に虫歯を予防できるでしょう。

一生懸命にがんばっても、子供同士でジュースの回し飲みをして、虫歯菌に感染してしまう可能性もありますし、虫歯菌の感染を気にしてスキンシップ不足になってしまうことも問題です。

Sponsored Link

検索

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。