子供の虫歯

赤ちゃんの虫歯、妊婦の虫歯

プロフィール

プロフィール

ただ今工事中です!

現在サイト構築中につき、未完成ですが、虫歯に関する情報をお届けしていきますのでまた是非お立ち寄りください。

お気に入りに登録

初めての育児をされる方は、分からないことだらけで悩んでしまうことも多いですね

あなた自身が育児ノイローゼになる前に しっかりと学んで見ませんか?

・鎌田流☆ラクちん子育て法

・発達障害児の子育てプログラム

・親子で幸せを掴む育児方法

子育て

Sponsored Link

子供の虫歯

ma_214_s.jpg

子供を虫歯にしないためには、 日頃から子供の歯の状態をよく観察する必要があります。 子供の虫歯は痛みが出ないまま、進行することが多いので本人はなかなか自覚できません。

親が常に子供の歯をチェックして、
虫歯にならないように早期のうちに手を打ってあげてください。

歯の表面がざらざらしている、白っぽくなっている、
黒っぽい箇所がある、歯の溝が黄色っぽく変色しているなどが、
虫歯のサインです。

虫歯のサインをみつけたら、
速やかに子供を小児歯科に連れて行きます。

この時に注意したいのが、
大人と同じ歯医者さんに連れて行かないこと。

ファミリー歯科なら小さな子供が大泣きしても、
対応してくれるかもしれませんが、

できれば最初から小児歯科に連れて行った方が、
スムーズに治療できるはずです。

怖いイメージを持たせないのがポイント!

小児歯科なら子供が歯の治療を怖がらないように、
色々な工夫をしていますし、
歯科医も小さな子供の治療に慣れています。

小児歯科でも治療を嫌がるようなら、
絵本などを使って虫歯の怖さを子供に教えたり、
お父さんに連れて行ってもらうようにするといいです。

強引に力ずくで治療を受けさせたり、
叱ったり、脅したりすると、歯医者さんは怖いところ、
嫌なところという印象が強く残ってしまいます。

そうすると
自分で歯に痛みを感じても隠すようになってしまいます。

この点は十分に注意して、子供と接するようにしましょう。

正しい歯磨きの仕方を親子で一緒に習ったり、
子供がうがいができるようになったら、

フッ素入りの歯磨き粉を使うようにして、
虫歯予防することも効果的です。

万が一、虫歯になってしまってら、
とにかく、早期治療を目指してください。

Sponsored Link

検索

サブコンテンツ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。